2006年03月17日号

読者のみなさん、ありがとうございます


江別市と厚別区の市街地全域の家庭や商店などに独自のネットワークで配達する「まんまる新聞」が週刊化してから、おかげさまで1年になりました。愛読いただいているみなさん、広告の掲載やチラシの折込みで「まんまる新聞」を支えていただいているスポンサーのみなさんに、心より厚く感謝申し上げます。散歩人ほか社員一同…平伏。


   このところ、「読みたいけど、まんまる新聞が入らない」という、苦情の電話をよくいただきます。本当にごめんなさい。本紙には公称部数などはなく、1面に掲載の通り真っ正直に9万6800部(数百部の変動はあります)を、150人の「まんまるメイト」さんに配達してもらっています。地域によって差はありますが、どうしてもまだ4~6%のお宅にはお届けできていないのが実情です。配達費や印刷費のこともあって、すぐには増部できないのが悔しいところですが、100%をめざして努力しています。もう少しお待ちください。


   最近、インターネット上でまんまる新聞の話題が増えてきて、散歩人ウフフっと喜んでおります。でも、「何のために発行しているのか。宗教か何かだろうか」などという疑問も出ていて、ああ、そうも思われるんだ…と、ちょっとショックでした。お答えします。政治も宗教も、何にもございません。この新聞はもともと昭和39年に発刊された団地エリアのコミュニティー紙で、地域の出来事の報道や生活情報を提供する新聞でした。その発行理念は今も柱です。地域の人々が「まんまる新聞」を読んで少しでも役立つようならそれで本望なのです


   さらに、ホンネ。それで散歩人も社員も、もう少し給料を貰えれば、もっといい…。徹夜をしなくても良くなれば…夢は続きます。

トラックバックURL:

« 読者のみなさん、ありがとうございます | TOP | No.66 »