2006年06月16日号

花ガイドとめぐる礼文花歩きの旅

礼文島の見どころ満喫

利尻・礼文の花巡りはいかが?札幌駅23時5分発の寝台列車「はなたび利尻」から、稚内港よりフェリーで8時10分利尻島着。


   湖に映る「逆さ富士」(利尻富士)が美しい姫沼、赤エゾマツ原生林に囲まれた日本最北限のオタドマリ沼、天然水族館・仙法志御崎公園などを巡る。昼食後再びフェリーで礼文島へ。


   メノウ浜の元地西海岸や桃の形をした高さ250メートルの奇岩怪石の海岸が続く桃台猫台などを巡り、北の果て「スコトン岬」へ。


   3日目は、花ガイドが案内する「礼文島花歩き」を楽しむ。様々な珍しい北の花たちの説明を聞きながら桃岩~知床コースを3時間あまり、ゆったりと散策。昼食後フェリーで稚内へ。スーパー宗谷4号に乗り23時1分札幌着。


   「花ガイドとめぐる礼文花歩きの旅」は7月8日(土)、16日(日)発で札幌発着料金4名一室大人4万8800円、こども3万9800円~(B寝台希望は4300円追加)。


   申込み▼厚別駅 【TEL】891―2420▼森林公園駅 【TEL】891―0149▼大麻駅 【TEL】386―8353▼野幌駅 【TEL】382―2478▼江別駅 【TEL】383―5810。


美白 日焼け止め

トラックバックURL:

« 仁木さくらんぼ狩りと小樽湯の花朝里殿入浴の旅 | TOP | お座敷列車で行く出会いのイベント »

[PR]SEO対策済みテンプレート