2006年07月21日号

桂南光・桂雀三郎札幌ふたり会

枝雀落語の直系 7月28日、共済ホール

一世を風靡した桂枝雀(故人)の「枝雀落語」を受け継ぐ直系の愛弟子二人による師匠ゆずりの爆笑落語。今や枝雀一門を率いる大看板・桂南光と、「ヨーデル食べ放題」の人気者・桂雀三郎による「札幌ふたり会」が7月28日(金)午後6時30分、共済ホール(北4西1、共済ビル6階)で開催。全席指定3800円。演目は、桂ちょうばの「開口一番」に続いて、「崇徳院」(雀三郎)、「素人浄瑠璃」(南光)、「親子酒」(雀三郎)、「骨つり」(南光)――。たっぷりお笑い下さい。
   予約・問い合わせ/北海道芸協【TEL】261―2388。


穴あきレギンス

トラックバックURL:

« 牛と乳製品の本当を知る | TOP | ビルの中の自然観察会 »

[PR]SEO対策済みテンプレート