2006年07月21日号

円山動物園で化石探検学覧会

北海道の化石大集合! 7月21日~8月31日

世界最古の「サッポロカイギュウ」や、巨大な実物大の「タキカワカイギュウ」など、道内各地の博物館から、恐竜の化石や珍しい化石が大集合!「化石探検学覧会」は7月21日(金)~8月31日(木)午前9時~午後4時30分、円山動物園動物科学館で行われる。入場料は高校生以上600円(入園料600円別途)、中学生以下300円、3歳以下無料。
   会場は、①さっぽろのはじまり=札幌の始まりは恐ろしい大異変だった②一面海!ようこそ800万年前さっぽろへ=巨大な生き物「カイギュウ」の謎がすべて明らかに!③驚異の化石ワールド=化石の秘密、不思議を分かりやすく展示④北海道古生物博物館めぐり=道内各地の博物館から、珍しい化石が大集合――などテーマ別のブースで展示。化石発掘体験コーナー(要整理券)も設置される。
   また、道内の各博物館から専門家を講師に迎え「子供日替りセミナー」も開催。セミナーの日程・内容は次の通り。
   ▼7月25日(火)・8月1日(火)「君の北海道にも恐竜は住んでいたんだ!」=参加無料、小学生以上=恐竜がいた時代の北海道の様子や、恐竜たちの生活の秘密▼7月26日(水)・8月14日(月)「燃える石、燃えない木?細かい粒子が起こす怖い粉塵爆発!」=参加無料、小学生以上=もとは同じ木なのに、化石になると燃えたり燃えなかったりするのはなぜ?炭鉱で多くの悲劇を生んだ粉塵爆発の実験も▼8月3日(木)「クジラのおひげはどこにある」「クジラのパンツははらまきパンツ」ほか=参加無料、小学5年生以上=写真や図でクジラの進化をたどる▼8月4日(金)・9日(水)「泳ぎの苦手なイルカはどうやって化石になったのか?」=参加料300円、小学生=ヌマタネズミイルカ発掘、発見で分かったイルカの生態。イルカのマグネット作りも▼8月8日(火)「クビナガリュウ『ホッピー』の泳いだ海」=参加無料、小学3年生以上=穂別町域で見つかる化石を紹介、当時の生き物や町の様子を解説▼8月11日(金)・17日(木)「滝川海―たんけん!500万年前のたきかわ(化石レプリカづくりにも挑戦しよう)=参加料300円、小学3年生以上=化石やレプリカ、パネルなどを使ったお話から、大昔の地球を想像。石こうを使った化石レプリカ作りも▼8月18日(金)「アンモナイトは何の仲間か?」=参加料500円、小学生以上(1・2年生は保護者同伴)=アンモナイトを耐水ペーパーでみがいて、殻やからだの構造を観察▼8月19日(土)「恐竜時代の植物、そして樹液が作ったタイムカプセルの話」=参加無料、小学生以上=大昔の北海道には、どんな植物が生えていたのか…大昔の木から出た樹液が固まってできた“こはく”に閉じ込められた生き物のお話も――時間はいずれも午後1時30分。日程が変更になる場合があるので事前に問い合わせを…。
   問い合わせ・申し込み/学覧会運営事務局【TEL】251―5151。


タートルネックカットソー

トラックバックURL:

« 真夏の夜に札幌散歩〈その2〉 | TOP | クスリに蝕まれる心と身体 »

[PR]SEO対策済みテンプレート