2006年07月21日号

青春のしぶき―あるモダニストの軌跡

三岸好太郎美術館 7月21日~10月

美術評論家の土方定一に「近代絵画移植期の奔流を進む水泳者」と例えられた三岸好太郎の画業を振り返る所蔵品展「青春のしぶき―あるモダニストの軌跡」は7月21日(金)から、道立三岸好太郎美術館(北2西15)で。観覧料は一般450円、高大学生は220円(土曜日は高校生のみ無料)、小中学生と65歳以上は無料。初日の7月21日(金)午後7時からはミニリサイタルも。
   また、7月22日(土)~8月20日(日)には、展示室内の絵探しやクイズに挑戦、楽しみながら絵画鑑賞ができるイベント「夏休みたんけん美術館」も行われる。
   三岸好太郎美術館【TEL】644―8901。


プラセンタ

トラックバックURL:

« こどもの劇場 | TOP | いろ・色・彩にこだわって »

[PR]SEO対策済みテンプレート