2007年01月01日号

冬休みたんけん美術館

三岸好太郎美術館 1月14日まで

所蔵品展「道化・札幌風景・女性―三岸の愛したモチーフ」開催中の北海道立三岸好太郎美術館(北2西15)では、冬休み期間中の1月14日(日)まで、楽しみながら絵画鑑賞ができるイベント「冬休みたんけん美術館」を開催中。観覧料は一般450円、高大生220円(小中学生と65歳以上、土曜日は高校生も無料)。


   ワークシートを片手に、展示室内で絵探しやクイズに挑戦。じっと見つめたり、隣と見比べたりしたら、新しい発見があるかも――所蔵品展では、何度も繰り返し描かれている「道化」「札幌の街並み」「女性」を中心に、三岸の愛したモチーフを紹介している。


   問い合わせ/三岸好太郎美術館 【TEL】644―8901。

トラックバックURL:

« 12月の高齢者市民講座・「現代社会の子供の立場」ほか | TOP | 時計台ニューイヤーコンサート »