2007年12月21日号

貫田シェフと行く網走グルメの旅


「北の料理人」の著者でもあり、北の食材を知り尽くした料理人・貫田桂一氏と北海道の冬の味覚を味わうグルメツアーに出かけませんか?――札幌発9時41分のオホーツク3号にて出発、車中で貫田シェフプロデュースの昼食弁当を食べ一路網走へ。


   博物館網走監獄などに寄りホテル網走湖荘へ。高級ブランド魚「釣キンキ」づくしの特別料理を味わい、網走湖畔の天然温泉でゆったりと。2日目は網走湖で、その場で天ぷらにして食べるワカサギ釣りを体験(荒天時は北方民族博物館へ)、オホーツク流氷館、能取岬を観光し流氷観光砕氷船おーろら号へ。


   2日目の宿、網走セントラルホテル内の酒菜亭「喜八」は鯨料理が一年中味わえる道内でも貴重な店。美味しい食べ方など貫田シェフの話を聞きながら堪能。3日目は白鳥のいる濤沸湖、オホーツク海に一番近い北浜駅、かに専門店などに寄り、鮨割烹花乃れんで昼食、独特の風味がある「早戻りマス(カラフトマス)懐石膳」を楽しむ。オホーツク6号に乗り18時45分帰札。「貫田シェフと行く網走グルメの旅2008」は1月22日(火)出発で大人5万9800円(2~4名様一室)~。


   申込み▼厚別駅 【TEL】891―2420▼森林公園駅 【TEL】891―0149▼大麻駅 【TEL】386―8353▼野幌駅 【TEL】382―2478▼江別駅 【TEL】383―5810。


トラックバックURL:

« バスで行く日帰り温泉の旅 | TOP | 知床ファンタジアとおーろら号・ノロッコ号SL冬の湿原号の旅 »

[PR]SEO対策済みテンプレート