2008年02月15日号

知床ファンタジアとおーろら号・ノロッコ号SL冬の湿原号の旅


宇宙から舞い降りるような美しいオーロラと冬の知床を見に行きませんか?札幌発7時03分Sおおぞら1号で一路釧路へ。SL冬の湿原号に乗り昼12時24分標茶着。摩周湖と硫黄山、オシンコシンの滝を観光し17時頃知床に到着、知床の夜空に宇宙からの使者が舞い降りるような美しい屋外イベント「知床ファンタジスタ」を楽しむ。


   2日目は斜里発8時55分の流氷ノロッコ2号に乗車、流氷を車窓から眺めながら網走まで。網走港から流氷原をダイナミックにかき分けながら進む流氷観光砕氷船「おーろら号」でオホーツクの海。運がよければアザラシやオオワシの姿を見られることも。網走発14時17分、オホーツクの風号に乗り19時47分帰札。


   「知床ファンタジアとおーろら号・ノロッコ号・SL冬の湿原号」の旅は2月23日(土)、3月1日(土)、7日(金)、8日(土)、15日(土)出発で札幌発着代金3万4300円から、子供2万7300円から。


   申込み▼厚別駅 【TEL】891―2420▼森林公園駅 【TEL】891―0149▼大麻駅 【TEL】386―8353▼野幌駅 【TEL】382―2478▼江別駅 【TEL】383―5810。


トラックバックURL:

« 貫田シェフと行く網走グルメの旅 | TOP | 滝川ふれ愛の里 天然温泉と赤平らんフェスタ »

[PR]SEO対策済みテンプレート