2008年02月22日号

ヨイショ!


八千草薫さんが出演している最近のコマーシャルに「私もよくヨイショ!って言っちゃうんですけど、でもこの言葉、私嫌いじゃないんです。もうひとがんばり、っていう感じがして…」というのがあって、なるほど、本当にそうだよなぁ、と素直に共感してしまった。くたびれた感じだった「ヨイショ」が、前向きの明るい掛け声になった。この八千草さんの語りかけに、何とはなく勇気をもらった人もきっと多いのではないかと思う。


   使うニュアンスはちょっと違うが、「ヨイショ」は散歩人にとって大切な掛け声でもある。年をとって来てからのヨイショも、たまに口をついて出るけれども、若い時分から辛い時にヨイショの掛け声をかけては、気持ちと体を奮い立たせる、そんな習慣があった。苦しい時にさしかかると、ヨイショ!ヨイショ!頑張れ!頑張れ!そうやって声を出して、自分を励ます。そうでもしないと、すぐに挫(くじ)けそうになってしまう弱さ。何とも恥ずかしいことなのだが、その程度だったから、「ヨイショ!」と「頑張れ!」はかけがえのない言葉になっている。


   …で、散歩人は10代のころから、実は八千草薫さんの大ファンなのだった。その八千草さんがほのぼのと「ヨイショ」という言葉はいい感じだという。それを見て散歩人も、ほのぼのと「そうだよなぁ」と思ったのだった。


microSDHC 8GB

トラックバックURL:

« No.80 | TOP | 細胞から病気を治す医薬品の話No.174 »

[PR]SEO対策済みテンプレート