2008年03月21日号

講演「新史料から探る大奥と篤姫」

「新札幌市史」完結記念シンポで 3月28日、パークホテル

昭和56年から編纂が進められていた「新札幌市史」の最終巻、「第8巻Ⅱ」が3月25日に刊行されることを記念する「新札幌市史完結記念シンポジウム」が3月28日(金)午後2時30分~5時30分、札幌パークホテル(南10西3)で開催される。参加無料。定員先着250人。電話で申し込みを。シンポジウム終了後の午後6時から交流会も行われる(会費4000円)。


   シンポジウムでは東京大学史料編纂所教授の山本博文さんを講師に迎える講演会「新史料から探る大奥と篤姫~史料から歴史をひもとく」が開催される。また、新札幌市史編集員の榎本洋介さんをコーディネーターにパネルディスカッション「新札幌市史をどう継承するか」が行われ、田端宏さん(北海道史研究協議会会長)、太田幸雄さん(白石の歴史を語る会会員)、海保洋子さん(新札幌市史編集長)ほかが参加する。


   申し込み/札幌市コールセンター 【TEL】222―4894


   問い合せ/札幌市文化資料室 【TEL】521―0205。


レッドクリフ CD

トラックバックURL:

« 「熟年世代のためのマンションライフ」 | TOP | 札幌啓成高校吹奏楽局「スマイルフルコンサート」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート