2008年09月26日号

信頼させて…!


自民党総裁選の5人の候補が来たからと、家人が連れ立って大通公園まで見物に出かけた。漫画好きで親しみやすいと、高校生の娘はこの数年、大の“麻生ファン”である。意外に近くで見れたそうで、「与謝野さんが少し元気がなかったけど、麻生さんもノブテルも小池さんもみんな話がうまかったよ。わかりやすく話してたよ」と帰ってきて言う。有名人一家の石原伸晃氏は苗字だと紛らわしいから“ノブテル”と呼ぶらしい。


   各政党とも総選挙になることをにらんでか、宣伝合戦に熱を加えている。テレビを見ていると、口達者で賢そうな人がずいぶん多い。育ちの良さそうなスマートな人たちが、理屈を整然と並べる。ただ、「話はうまくても、本当にやってくれるんだろうか…」とそんな話をしていて知人がつぶやいた。「いつも後になって、だまされてばかりいる。最近素直に聞けない…」と不信感が強い。


   輸入汚染米の問題で大騒ぎだ。輸入小麦への不安も浮かび上がってきた。汚染米と知らずに扱った被害者の立場かも知れないのに、食用に使ったと何百社かが名前まで公表されてしまった。政治家の対応も役人の対応も、人々のために仕事をしているという本筋から外れて、何かをごまかすことだけに腐心するような、そんな迷走を繰り返しているように見える。年金問題もそうで、そこには苦しむ人々の立場に立った、それこそ「国民の目線」は感じられない。


   スマートな理屈よりも何よりも、泥田の世の中をまず知って欲しい。どうか実(じつ)のある政治と行政をして欲しい。「頼むから信頼させてくれ」と叫びたい気分だと件の知人も言う。


おもちゃ・ホビー・ゲーム

トラックバックURL:

« No.96 | TOP | 緑網膜剥離から目を守ろう »

[PR]SEO対策済みテンプレート