2008年11月14日号

細胞から病気を治す医薬品の話No.191


医薬品「ルミンA」(細胞賦活用薬)は、免疫と、新しい細胞をつくり組織再生させる、自己治癒機能などの、中枢的な役割をする細胞マクロファージを活性化する薬だ。それにより、細胞段階から身体のすべての損傷を修復、治癒させ、内分泌系、自律神経系まで正常化させる。


   簡単に言えば、ガンであれ、肝臓病であれ、糖尿病であれ、あるいは高血圧であれ、ぜんそくや鼻炎、アトピーや、リウマチといったアレルギー性疾患であれ、通風であったり、ホルモンに関係の深いさまざまな婦人病であったり、自律神経失調、メニエルなどさまざまな精神的不安定、さらに精神障害などにわたって、細胞の働きが活発化することで、すべての病気に大きな効果が期待できる。細胞から治す効果があるため、原因や治療法がわからない「難病」にもすすめられる。


   多くの研究者の努力により、この10年、ルミンがなぜほとんどの病気に、副作用もなく高い効果を示すのか、そのメカニズムが解明された。病気に悩む人は(精神的なものも含めて)、ぜひ服用してほしい。


perfume CD

トラックバックURL:

« 若さと、社会と… | TOP | 日本人の名前がついた目の病気 »

[PR]SEO対策済みテンプレート