2009年07月10日号

小銭の重み


友人の事務所の集まりに飲み物を買おうと思って、パチンコ屋の前の自動販売機に500円硬貨を投入した。投入金額500円とちゃんと表示されたのも確かめて、さて、何を買うか、よし、120円の小型のお茶にしようとボタンを押そうとしたら、横の返却口からチャリンとお金が落ちた音がする。あれ、お金が戻るにはずいぶん早いな、と思って覗いたら500円ではなく100円玉が落ちてきている。あわてて返却レバーを回したが反応がない…パチンコ屋に飛び込んだ。


   怪訝(けげん)な顔をして出てきた若い店員は、どうも頭から100円と500円を勘違いして投入したものと決めてかかっているらしい。“困ったおじさんだな。その程度で…”という思いが透けて見えて、カチンときた。管理しているのは自販機の会社だから、そっちに連絡してくれという。「あんたの店の商売だろう。自販機あけてみれや」と怒った。これが夜中だったらどうなるのだろう。子供だったらどうするのだろう。400円も損をして泣き寝入りだ。客の痛みがわかっていない。責任も誠意もない。「500円は大金だぞ!」。そっちで調べろと連絡先を言い置いて引き上げた。


   ずいぶんケチなオヤジだと思われても、その通りだと開き直る自信がこの年になるとついてくる。50円、100円に苦しんで生きて来た。“ケチ”で結構、小銭をいい加減に扱われると腹が立つ。おそらく、たいがいの人の人生もその思いもそうであるはずだという、おかしな確信がある。


   …で、数10分後、実は釣銭の部分がおかしくなっていました、と500円硬貨を持って詫(わ)びに来た。ちゃんと調べてくれた、捨てたもんじゃない…と思おうとしたが、複雑な思いも残った。締め切りに追われる会社に戻ったら、今日は1人200円で夕飯の弁当が買えた、経費が安くすんだとスタッフが喜んでいた。ちょっと目頭が熱くなった…。


マイケルジャクソン CD

トラックバックURL:

« インフルエンザと眼 | TOP | 細胞から病気を治す医薬品の話No.208 »

[PR]SEO対策済みテンプレート