2009年09月11日号

細胞から病気を治す医薬品の話No.212


新型インフルエンザが厚別区や江別など身近でも猛威を振るい始め、徹底的な予防が呼びかけられている。全国的には死亡者のニュースも相次いでいる。共通するのは、糖尿病や心臓・腎臓疾患など、免疫力が低下する基礎疾患があること。体がウイルスに打ち勝つ抵抗力を持てるかどうかが分かれ目と言える。


   細胞賦活(ふかつ)用薬「ルミンA」(医薬品)は細胞の働きを活発化し、細胞段階から病気を回復させる薬として認可されている。免疫力を最良の状態に維持しようという力が働き、身体的にも精神的にも抵抗力が強化される薬効を持っている。


   人体を細胞レベルで守り、正常に修復する、いわば生命維持の中枢を担うのが白血球のマクロファージという細胞で、「ルミンA」はそのマクロファージを高度に活性化する。結果的に、さまざまなウイルスや細菌への抵抗力を高めるだけでなく、難病といわれるものも含めて、さまざまな病気やケガなどを治すという驚くべき効能を生み出す。「ルミンA」という驚異的な医薬品を、ぜひお勧めしたい。


プラセンタ

トラックバックURL:

« 新型インフルエンザ | TOP | パエリアは日本人の味覚に合う? »

[PR]SEO対策済みテンプレート