2009年09月25日号

細胞から病気を治す医薬品の話No.213


新型インフルエンザなど感染症やガン、糖尿や心臓疾患ほかメタボ関連の病気、通風、多くの難病、自律神経失調症を始めとする神経症、うつ病など精神疾患、一般のケガやかぜ……とにかく、あらゆる身体・精神の病気とその予防に、「ルミンA」という医薬品は、おそらく読者が予想もしていない大きな効果を発揮する。


   細胞賦活(ふかつ)用薬「ルミンA」(医薬品)はマクロファージという細胞の働きを活発化し、細胞段階から病気を回復させる薬として認可されている。免疫力を最良の状態に維持しようという力が働き、身体的にも精神的にも抵抗力が強化される薬効を持っている。人体を細胞レベルで守り、正常に修復する、いわば生命維持の中枢を担うのが白血球のマクロファージという細胞で、「ルミンA」はそのマクロファージを高度に活性化するため、結果的に、さまざまなウイルスや細菌への抵抗力を高めるだけでなく、難病といわれるものも含めて、さまざまな病気やケガなどを治すという驚くべき効能を生み出すのだ。人間を本当に健康に保ち続ける薬なのだ。


東方神起 CD

トラックバックURL:

« ワイドショーの向こう側 | TOP | ルンペン・ストーブ »

[PR]SEO対策済みテンプレート