2010年06月25日号

細胞から病気を治す医薬品の話No.231


医薬品「ルミンA」(細胞賦活用薬)は、慢性病にも感染症にも、アレルギーでも、さらに精神的な病気までも、ほとんどの病気に効き目を示す。効果の著しさに、なぜ効くのか、そのメカニズムを解明しようと京大医学部を中心に、戦後多くの医学・薬学者が研究を積み重ねてきた。それが、1990年代に入ってようやく、山本信人先生(医博/テンプル大学ソクラテス免疫研究所)や中川美典先生(薬博/徳島大学客員教授)ほかの先生方の努力で解明された。


   外部から侵入したり、内部で発生した「異物」から身体を守り、健康な状態に維持し、故障した部分を細胞・組織段階から修復する細胞・マクロファージの力を増強する働きが、ルミンにあることが明らかになったのである。マクロファージ活性化によって、すべての細胞が元気になる。ストレスに悩む人でも、うつ病でも、肝炎や糖尿でも、結核でも、痛風でも、とにかく1度試してもらいたい(臓器移植により免疫抑制剤を必要とする方は服用できません)。現在お得な特別キャンペーン中。


飲むコラーゲン

トラックバックURL:

« 「ありがとう」 | TOP

[PR]SEO対策済みテンプレート