2010年08月13日号

細胞から病気を治す医薬品の話No.233


「ルミンA」は細胞賦活用薬として厚生労働省より認可、市販されている医薬品である。簡単に言えば細胞を元気にして身体を正常に治す薬だ。傷付いた細胞の再生修復、免疫や恒常性維持機能(体温、血圧、さまざまな体液の分泌や内蔵などの動きを正常に保つ機能)を強化・調節し、病気やケガ、精神的な不具合のすべてに効果を発揮する。


   ここからは裏話…。実は、「ルミンA」のお客様に獣医さんが結構多い。薬の基礎実験がマウスなど動物から行われることからわかるように、基本的に人間に効く薬はペット(動物)にも作用する。ワンちゃんにも猫にも魚などにも、ごく少量で十分なのだが、「ルミン」は驚くほど効果が出るのだ。先日もあるお客から「猫の尿に血が混じり、何回検査しても原因がわからなかったので、ルミンがいいかも知れないと思って与えたら何日もしないうちに止まった。ルミンは動物にもいいんですね」との声。1日に1錠の4分の1ずつ与えて、手術後の飼い犬がたちまち元気になったというお客も…。ルミンはあらゆる動物を元気にする。


バーベキュー セット

トラックバックURL:

« それぞれの、夏の記憶 | TOP | No.119 »

[PR]SEO対策済みテンプレート