2010年08月13日号

「明治期の教科書に見る北海道の姿」

特別展「明治のころの学び」講演会 8月21日、開拓の村

北海道開拓の村では、8月25日(水)まで開催中の特別展「明治のころの学び」関連講演会「明治期の教科書に見る北海道の姿」~教科書の歴史とそこに描かれた子どもたち~を8月21日(土)午後1時30分~3時30分、ビジターセンター講堂で行う。参加無料。電話で申し込みを(先着200人)。


   明治5年から終戦までの教科書の歴史的変遷から、小学校の国語教科書を中心に、現行の検定制度への道筋をたどる。また、明治の一時期に採用された「北海道用尋常小学校読本」(明治30年初版)の編纂(へんさん)の経緯と、そこに収録された北海道と子供たちの姿を見る。講師は元北海道武蔵女子短期大学教授・谷口一弘さん。


   申し込み・問い合わせ/開拓の村【TEL】898―2692。


福袋

トラックバックURL:

« 第14回「アイヌ語地名研究大会in札幌」 | TOP | ユトウアツコパステル画展=晩夏の猫= »

[PR]SEO対策済みテンプレート