2010年10月01日号

“平和外交”は難しい…?


地下資源が豊富だとわかった途端に、民間人を利用して尖閣諸島にあからさまなちょっかいを出し始めた、中国という国のえげつなさ、悪質さにあきれながら、憤懣(ふんまん)やるかたなく日々のニュースを見ている。チベットにも土足で踏み込んで、さらに方々で用意周到に手を出す隙を狙っている感じなのだ。


   不法占拠する北方領土を、自国領土として既成事実化しようと画策するロシアの動きも気になる。どちらも、相手は欲得だけで人の物を奪おうとしているのだから、やっかいだ。しかも、日本が頼る資源が豊富で消費力があって、それをちらつかせて足元を見る。


   日本という国は、海の国で“領土(海)”は広い。大陸以外、南も東も果てしない海で、日本が蹂躙(じゅうりん)されても脅威を覚えて困る国はないから、誰かが助けてくれるだろうと妄想するのは非常に危険だ。勇ましいことを言って、紛争に発展してもアメリカの胸先三寸で、どうなるかわからないという弱さもある。敗戦後、そんな微妙な立場の“平和外交”というものが続いている…と思いつつ、なら、せめて、日本の受けている理不尽な圧力を、世界世論に訴えていく努力だけでも必要ではないか、政府間交渉とは別に、「民間」があちらこちらで叫ぶ努力も意外な力になるのではないか、などと考えたりする。


   それにしても、もう少し毅然(きぜん)と対処できないものか…などとテレビに向かってブツブツ言いながら、たばこに火を付けた途端、「値上がりする前にタバコやめるんでしょ?」と家人の声。紛争になったら困るから、「うう…」と言葉をのみ込んだ。家の中でも“平和外交”は難しい…。


SMAP CD

トラックバックURL:

« ほほえみ合う世の中で | TOP | 相性?この摩訶不思議 »

[PR]SEO対策済みテンプレート