2010年12月03日号

見えなくって、困るなぁ・・・


政治の騒ぎが、どうもよく理解できない。民主党政権は失言なんかも重なって何だか頼りないとは思ってしまうけれども、大筋でそんなに間違ったことをしているのだろうか、はっきりわからないのだ。


   例えば尖閣諸島の一件で、菅首相も明確に日本固有の領土という談話を発表し、中国側に抗議した。中国の漁船が海上保安庁の巡視船にぶつかってきたビデオをすぐに公開しなかった時、先に公開しといた方が後々いいのではないかとも思ったけれど、中国には何万人もの日本人が住み、それが人質にされたらという心配や、暗に、日本と領土問題でもめているんだという“事実”(さも、領土が日本に占領されている“問題”があるかのように主張するのはやめてくれ!というのが日本の立場)を作って問題化させたいという、中国の巧妙な“手”に、下手に乗れない事情などもあるのではないかと成り行きを見ていた。


   ところが、それが手ぬるい、「国益」を損じたと、まるで“国賊”扱いで、何だか遠くに軍艦マーチが聞こえてきそうな大騒ぎ。それにマスコミも追従する。国会では、野党が“上から目線”でテレビ中継を意識してか、イメージ失墜を狙って大げさな言葉で責め立て、とうとう問責決議案まで出て袋だたき…。


   実際国益を損じた「失政」なのか、逆にあれで良かったのか、そうした視点からの議論も聞こえてこない。何だかよくわからない。困ったなあ…と思う。


メモリースティック ProDuo 4GB

トラックバックURL:

« 細胞から病気を治す医薬品の話No.237 | TOP | 急性感染性胃腸炎 »

[PR]SEO対策済みテンプレート