2011年01月21日号

「音楽のある美術館2」

三岸好太郎美術館 1月21日~3月27日

三岸好太郎美術館(北2西15)では、作品「オーケストラ」(1933年)を中心に、三岸好太郎の画業と音楽との関わりを紹介する、所蔵品展・三岸好太郎の世界第4期「音楽のある美術館2」を1月21日(金)~3月27日(日)まで開催する。会期中は、「オーケストラ」裏側に描かれ、通常は公開されていない作品「悪魔」も展示。生演奏が流れる中で作品鑑賞ができるさまざまな音楽イベントが行われる。


   ▼トゥインクルコンサート「篠笛のしらべ」=1月22日(土)午後2時、展示室。日本古来の伝統楽器・篠笛による多彩な音色。演奏は山口千那(せんな)さんで、「雲外」「胡蝶」ほか。


   ▼音楽のある絵画鑑賞=1月27日(木)午後2時、展示室。向井朋子さんのピアノ演奏でバッハ「イタリア協奏曲」、ショパン「ノクターン」ほか。2月5日(土)午前11時にも同じプログラムで演奏を行なう。


   ▼第158回ミニリサイタル=1月29日(土)午後2時、展示室。メゾソプラノ・下澤綾香さん、フルート・清水里香さんなど若手演奏家による音楽会。モーツァルト「アンダンテとロンド」、ラベル「亡き王女のためのパバーヌ」ほか――。


   2月5日(土)午後2時からは、土曜セミナー「道化の終演」も開催(観覧料のみで参加可能)。同館学芸員・苫名直子さんの解説と、近藤文子(あやこ)さんのバレエを楽しめる。直接会場へ。


   問い合わせ/三岸好太郎美術館【TEL】644―8901。


東方神起 CD

トラックバックURL:

« 「誰でもかんたん!国際協力」 | TOP | かんたん!介護教室 »

[PR]SEO対策済みテンプレート