2011年02月11日号

「新さっぽろ総合法律事務所」開設

厚別に福島弁護士が事務所 2月14日業務開始

厚別に地元札幌市出身の弁護士・福島隆氏(札幌弁護士会所属)が「新さっぽろ総合法律事務所」(厚別中央1条6丁目、ホクノー新札幌ビル6階)を開設、2月14日(月)から業務を開始する。民事全般、刑事事件に対応し、市民の暮らしと権利をあらゆる分野で支える総合法律事務所。債務整理、離婚、相続、交通事故、企業法務、知的財産権への対処ほか、身近なさまざまな不安や悩みの相談に乗る一方、問題を解決する力になってくれる。


   福島弁護士は札幌市の出身で39歳。札幌北高校~東京大学理学部化学科卒業~同大学院理学系研究科(化学専攻)修了~慶應義塾大学大学院理工学研究科(化学専攻)単位取得退学……と化学者の道をめざしながら、2004年に司法試験合格、法律家に転身するという異色の経歴を持っている。2006年東京・水谷法律特許事務所入所、さらに、弁護士法人成蹊総合法律事務所などを経て、このほど故郷の札幌に事務所を開設するもの。


   弁護士事務所での相談は電話予約制。日時を予約して相談し、相談だけで一定の方向性が定まって解決する場合と、事件処理の依頼を受ける場合があり、事件処理の依頼を受けた場合に規定の弁護士費用が発生する。新さっぽろ総合法律事務所は月曜日から金曜日の平日午前9時15分~午後6時。予約で平日は午後8時までの夜間相談や土曜日と日曜日の日中の相談も受ける。相談料は個人5250円(30分)、法人・事業主1万円(同)。


   弁護士に相談したり依頼するといっても、一般庶民には金銭的な負担の心配など不安がある。福島弁護士は、いろいろ救済の方法もあり、まずは相談して欲しいという。


   実は相談料を払えない場合も3回まで無料になったり、所定の要件を満たせば弁護士費用を立て替えたりしてくれる「法テラス」(日本司法支援センター)という公的機関もあり、立て替えの場合は、所得に応じて月々1万円・5000円・3000円といった支払いで弁護活動を受けられる。そうした法テラスの利用もすすめながら、とにかく、悩んでいないで「まずは気軽に相談してほしい」と語っている。


   問い合わせ/新さっぽろ総合法律事務所【TEL】398―7757。


SMAP CD

トラックバックURL:

« 27校が参加「専門学校ガイダンス」 | TOP | 税務署から確定申告の相談・申告書受け付けのお知らせ »

[PR]SEO対策済みテンプレート