2011年05月27日号

ヘンなハナシ…


「私って、どこか変だろうか」…いきなり聞かれて口ごもってしまったことがある。「誰でもいっぱい変なところがあって、それが個性にもなるのだから…」などとおかしなことを口走り、やっぱりヘン!だと言っているみたいな感じになって、困ってしまった。


   ヘン!において人後に落ちない散歩人としては、威張るわけではないが、ヘン!なのが日常の普通なのである(エヘン!)。それこそ“個性”であって、恥ずかしいも、人にどうのこうの言われる筋合いもないと開き直っている。ただ、ヘン!がヘン!を呼んで果てしなくヘン!になって許容の範囲を逸脱する危険が出てくる場合もあるから困る。それを「ヘン!のスパイラル」と散歩人は勝手に呼んでいるのだが、まさに、この1~2週間がそうで、自分の思っていることやっていることが、実はいつの間にかどんどんズレた方向に走っているのではないか…と、不安になって行くのであった。それは、熱を出して寝ている時の妄想にも似ていてとりとめがない。悪い方にばっかり考えてマイナス思考になりやすいから、夜はものを考えるな…といった人もいたが、そうした感じでもあった。


   …で、こういう時には徹底的にヘン!になることにしている。本や映画に没頭するとか、バカになって何かをやるとか…。この度は、気の合う知人を無理矢理誘って、日の高いうちからそこいら辺の公園で花見酒をした。もう薄暗くなった公園のベンチで、初老の男が3人、寒さに半ば震えながら騒いでいる……許して欲しい。これでも必死に生きているのだから…。若い頃のように街角で踊らないだけまだましなのだ。


   誘われた方はいい迷惑なのだが、時にはそんなハチャメチャで…少しづつ軌道修正をする。バランスを持ち直す……。野良猫の「ゴン太」と人(猫)生について語り合ったのもその夜で、「ニャーおミャ~そりゃ単なる欲求不満だニャお」「ヘッ?」「4丁目のミケ紹介してやっかニャお」「ヘヘ~」……てか?


新米

トラックバックURL:

« No.128 | TOP | 理由を教えて! »

[PR]SEO対策済みテンプレート