2011年08月12日号

「人間と宗教、宗教とは何か」

学院大人文学部の公開講座 8月22日~26日

仏教やパワースポットがブームになる時代…日本人は一般的にほとんど「無宗教」と言われているが、実態はどうなのか――「人間と宗教、宗教とは何か」をテーマにした札幌学院大学人文学部の公開講座「人間論特殊講義」が8月22日(月)~26日(金)の5日間、同大B館101教室(JR大麻駅10分)で行われる。時間はいずれも午前10時50分~午後4時20分(休憩昼12時20分~午後1時10分、午後2時40分~50分)。受講無料。直接会場へ。


   ▼8月22日(月)「日本において宗教教育は可能か―学校制度に伴う公共性の問題―=講師は北海道大学・土屋博名誉教授


   ▼23日(火)「芸術家の生き方と仏教」=芸術家の生き方に仏教が及ぼした影響、日本人の芸術的感性の系譜、東北の仏心…ほか。講師は札幌大谷大学短期大学部音楽科・木村雅信教授


   ▼24日(水)「生命倫理と宗教」=移植医療や生殖医療、安楽死の是非…生命倫理と宗教の接点とは。講師は札幌医科大学・今井道夫名誉教授


   ▼25日(木)「スピリチュアル文化の興隆と〈宗教的なもの〉のゆくえ」=スピリチュアル・ブームと言われる現象を糸口に、世界的な規模で進展する〈宗教的なもの〉の多様化を考える。講師は札幌学院大学非常勤講師・堀雅彦さん


   ▼26日(金)哲学と宗教の間で―人間と宗教」=倫理と宗教、宗教と信仰…宗教理解をめぐる最近の動向について。講座の全体にわたる質疑応答の時間も。講師は札幌学院大学人文学部・杉山吉弘教授。


   問い合せ/札幌学院大学教務課(人文学部)【TEL】386―8111(内線3223)。


男性用浴衣

トラックバックURL:

« 「中小企業の経営と仕事」 | TOP | 平取町・チプサンケ »

[PR]SEO対策済みテンプレート