2011年09月09日号

細胞から病気を治す医薬品の話No.252


多くの人々に、医薬品である「ルミンA」(細胞賦活用薬)を紹介し、そして、その効果の高さに文字通り感動している。


   どんな病気やケガにでも、個人差なく効果が出る…そう言うと、ほとんどの人がけげんな顔をする。漢方薬と勘違いする方、うさん臭いクスリだと眉に唾を付ける人…。対症療法的薬品の信仰で生きてきたわけだから、「信じられない」というのも無理はなく、根気良く説明して、試して貰うしかない。健康な人なら目立った反応は出ないが、しかし、悪い部分があれば必ず反応が発現する。簡単なところでは、ニキビがあればそれがうずく。ストレスがあれば不思議な活力がわいてくる…。マクロファージが活性化し、細胞の自己治癒活動が高まり始めるのだ。


   細胞の働きが急速に強化されて、身体の治癒力が増強する。細胞段階で故障個所を治してゆくため、「万病」に効くのだ。夢のような薬だが、そのメカニズムは薬学・医学的に明確に解明され、その効果が認められた医薬品だ。うそでもいいから一度信じてのんで欲しい。人生を助けてくれる。


iPod nano ケース

トラックバックURL:

« 親の有難さ | TOP | あの憎い雑草が…! »

[PR]SEO対策済みテンプレート