2012年10月12日号

日ハム優勝


すごいなあ、日本ハムがあれよあれよという間に優勝しちゃったよ。ダルビッシュが抜けて、栗山監督は初めての監督業だし、正直、今年はどうかな?…との思いもあったから、喜びもひとしお。元気づけられた人も多い。


   3年ぶりのリーグ優勝。次はクライマックスシリーズだ。パ・リーグ2位西武×3位ソフトバンク戦ファーストリーグ(10月13・14・15日)勝者と、札幌ドームで10月17日から行われるファイナルステージで、日本シリーズ進出を賭けて戦う。リーグ優勝の日本ハムには1勝のアドバンテージがあり、先に4勝した方が10月27日から始まる日本シリーズへ。相手は巨人か中日かヤクルトか。日本ハムは2006年以来6年ぶりの日本一奪回をめざす!


   「中田翔が成長してよかった。栗山監督が使い続けたのが偉い」「監督はメニエル病なのにすごい。選手にも慕われている」「陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)いいところで打つよね」「稲葉と金子誠がかっこいい。金子誠はピンクリボンでもやってくれてるし…」「吉川は安定して頼りになる」「佑ちゃん(斎藤佑樹)はもう少し修行しないと…。マー君くらいのガッツがあればねぇ」……これは全部、おばさまたちのご感想。会社でも、飲み屋さんでも、家に帰っても日本ハムの事情通はむしろ女性軍。男性顔負けだ。


   昔の北海道は、巨人ファンのオヤジさんが肩で風を切った。今は日ハムファンの女性たちがビールを片手に、プロ野球談義に花を咲かせる。時代は変わった…。この前などは飲み屋のママさんが何だかそわそわ。試合が気になるのだと気がついて、「帰るね」と席を立ったら「悪いわね。気を遣わせちゃって…」そりゃないよな!


斉藤和義 CD

トラックバックURL:

« やっと、秋… | TOP | 目の病気を年のせいにしていませんか?④ »

[PR]SEO対策済みテンプレート