2013年06月28日号

No.153


私は自慢ではありませんが、何事もギリギリ追い込まれないとなかなか腰を上げない、いえ、上がらない性分です。今日まで大きなミスにならないでこられたのは、どこかで、どの神様か知りませんが、目には見えない方が守って下さっているのでしょう。


   ところが今回ばかりは、優しい神様も私を見放したようです。いえ、そうせざるを得なかったのだ、愛の鞭と真摯に受け止めました。まんまる新聞の担当Sさんから、原稿催促の電話が入り、私の口から心臓が飛び出しそうになりました。「勘違いしていました」は、理由にならない。受話器を握って、目には見えないSさんに「ごめんなさい」と何度も頭を下げました。


   こんなお母ちゃんなのに、私の3人の子供達は、まあまあ真面目に、先生との約束もきちんと守って、宿題も忘れずやって、いゝ子に育ち、まともな大人に成長してくれました。


   今回の原稿の〆切りを守れなかった事、言い訳になるかも知れませんが、大切な〆切りの期日を忘れるなど、自分は正常なのだろうか?不安になって、自己チェックをしてみました。


   ①疲れ、ストレスは溜まっているか?→YES。溜まっている②朝食は食べているか?→NО。気分で食べない時がある。③よく笑うか?→NО。そう言えば、あまり声を出して笑っていないような気がする。④歩いているか?→これは胸を張って「YES」と答えられるでしょう。パウロ病院の施設内をエレベーターを使わないで、歩くだけでもかなり歩いていることになるでしょう。


   仕事が終わって日暮れまで、めんこの孫のRちゃんと家の近くの公園で遊ぶのが習慣になりました。「あぶないよ!」と走るだけでかなりの運動量です。


   健康な体を持っている人は、それだけで価値があります。大きな宝です。努力をしないで健康でありたいと思うのは虫が良過ぎます。幸せのキーワードは、反省、感謝、健康、祈り、です。


microSDHC 8GB

トラックバックURL:

« 郵便局の“方”から来ました… | TOP | 「言葉」の表現と意味…カタカナ語に思う »

[PR]SEO対策済みテンプレート