2013年06月14日号

「大気汚染と樹木の成長を考える」

北大農学研究院・小池孝良教授 6月18日、エルプラザ

さっぽろ青空連絡会(札幌大気汚染測定連絡会)主催の環境学習会「大気汚染と樹木の成長を考える」~きれいな空気をもとめて~が6月18日(火)午後1時30分から、札幌エルプラザ2階環境研修室(北8西3)で行われる。電話で申し込みを(先着60人)。同会では化学物質過敏症の患者の人のため、整髪料や香水、化粧、タバコなど香りの強いものは控えてくださいと呼びかけている。


   大気環境と樹木の研究で、対流圏オゾン濃度の監視を長年続けてきたという北大農学研究院の小池孝良教授が、黒松内の樹木の観察や摩周湖の監視から見えてきたことなどについて話す。


   講演終了後、午後3時15分からは交流会が行われる(希望者のみ参加)。


   申し込み・問い合わせ/同会・木椋(おぐら)さん【TEL】763―7387。


神戸スイーツ

トラックバックURL:

TOP

[PR]SEO対策済みテンプレート