2013年06月14日号

「樺太」の引き揚げ語る講演会

札幌在住の詩人・工藤信彦さん 6月15日、北海道大学

北海道大学グローバルCOEプログラム「境界研究の拠点形成」第9期成果展示「境界研究―日本のパイオニアたち」を開催中の北海道大学総合博物館では、展示にあわせて、日本領時代の「樺太」生まれで、現在は札幌市内在住の詩人・工藤信彦さん((社)全国樺太連盟理事)を招き、敗戦後の樺太からの引き揚げの様子を、当時の新聞や雑誌記事を紹介しながら話す土曜市民セミナー「鮞(はららご)の島よ―『樺太』を問うて―」を6月15日(土)午後1時30分~3時、北海道大学総合博物館1階「知の交流」コーナー(北10西8)で行う。参加無料(定員60人)。直接会場へ。


   問い合わせ/北大総合博物館【TEL】706―2658。


ジャムウ ソープ

トラックバックURL:

« 「発達障害ってなんだろう」 | TOP | 「三國連太郎から私は何を学んだのか」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート