2014年06月13日号

歯に自信のある人ほど


 この世では、生まれつき大した努力をしなくてもスポーツや勉強が人より抜きんでている人がいます。それと同様に、歯をきちんと磨かなくても、虫歯や歯周炎にならない人もいます。驚いたことに、虫歯にならないのをいいことに全く歯を磨く習慣のない人もいるのです。その原因はもともと歯の質が硬いか、口の中にいる虫歯菌が少ないからだと考えられています。努力して難しいハミガキをしなくても済むなんてなんとも羨ましい事ですね。


 ですが、その方たちも年を重ねると、歯に破折がおきたり、歯周病になったりすることは避けられません。若い時に正しい磨き方や習慣を会得している方々は問題ないのですが、ハミガキをおろそかにしたまま高齢になられた方は、いくら指導されてもうまく磨くことができなくなってしまうのです。そうなると一気に虫歯も歯周炎もすすみ、食べることだけがなによりの楽しみになった時、とてもつらい思いをするはめになります。入れ歯やインプラントに頼ったとしても、天然の歯には決してかないません。歯を失って入れ歯になる時、歯の大切さが初めて分かったと多くの方がおっしゃるのです。


 あるビジネス雑誌の調査で、「リタイヤ前にやるべきだった!『健康』の後悔」の第一位は、歯の定期健診だったといいます。


 残念なことに、こんな結果がでるほど、日本人は、こと歯に関しては遅きに失しています。


 歯周炎は、中等度に進行した状態になっても自分では気付きません。血が出るとか、噛むと痛いとか、歯茎が腫れるとかと言う症状が出て初めて歯科医院に来たときには、すでに相当深刻な状態になっており、歯の現状維持は困難なことが多いのです。


 自分の歯に自信がある人ほど、一度歯科健診を受けてみてはいかがでしょう?


 森林公園歯科医院 原田江里子医師


 森林公園歯科医院/厚別区厚別北2条5丁目1―12【TEL】891―2022。


クールジェル

トラックバックURL:

« 夢も希望もない日本? | TOP | 透明は角膜のいのち①角膜の構造 »

[PR]SEO対策済みテンプレート