2015年02月13日号

今、私たちが取り組む認知症対策とは?

垣根を越えた連携作りへ… 2月28日、厚別区民C

 厚別区内の地域包括支援センター・介護予防センターほかで構成される「あつべつ箱ものPJ(プロジェクト)」が主催する研修会「今、私たちが取り組む認知症対策とは?」~垣根を越えた連携作りへ~が2月28日(土)午後1時30分~4時30分、厚別区民センター(厚別区役所隣り)で行われる。参加費100円(資料代)。申し込みは2月20日(金)午後5時までにFAXで=「あつべつ箱ものPJ研修会申し込み」と氏名・職種・電話番号を記入して、札幌市厚別区第2地域包括支援センター(【Fax】375―0615)へ=。


 【第1部】「あつべつ箱ものPJ活動報告」「あつべつ版もの忘れチェックシートについて」=新さっぽろ脳神経外科病院医療相談室長・上田学さん(北海道医療ソーシャルワーカー協会執行理事)。


 【第2部・基調講演】「認知症予防のライフスタイルと地域包括ケア」=講師は群馬大学大学院保健学研究科の山口晴保(はるやす)教授。


 【第3部】シンポジウム「厚別区における認知症対応」=シンポジストは、札幌ひばりが丘病院・高橋大賀院長、新さっぽろ脳神経外科病院主任・土谷里織さん(作業療法士)、よいしょ厚別のデイサービス代表・千葉祐介さん(作業療法士)、下野幌町内会会長・松山瑞穂さん。座長は札幌市厚別区第2地域包括支援センターの石﨑剛センター長。


 問い合わせ/札幌市厚別区第2地域包括支援センター【TEL】375―0610。


SDHC 16GB

トラックバックURL:

« もみじ台で「スノーモービル・重機乗車体験」 | TOP | 映画「天のしずく」上映会 »

[PR]SEO対策済みテンプレート