2015年02月13日号

朗読会「小檜山博のエッセイを読む」

特別展「小檜山博の文学」 2月15日、北海道立文学館

 特別展「小檜山博の文学―野性よ退化する現代を撃て―」を開催中の北海道立文学館では、作家・小檜山博のエッセイの中から心に触れる一節などを朗読する特別展関連企画・朗読会「小檜山博のエッセイを読む」を2月15日(日)午後2時~3時、北海道立文学館地下講堂(中島公園内)で開催する。参加無料。当日直接会場へ(先着60人)。


 朗読は、NHK文化センター松井信子朗読教室の受講生。構成は、俳優・松井信子。演目は「人生讃歌」(河出書房新社/2012年)より「夫婦喧嘩」「一人旅」、「人生という旅」(講談社/2004年、河出書房新社=文庫=/2013年)より「父の命日」ほか。


 滝上町出身で札幌市在住の作家・小檜山博が、北海道に生きる人間をテーマに書き続けてきた文学世界を紹介する特別展は、3月22日(日)までの午前9時30分~午後5時、同館特別展示室で開催中(月曜休館)。観覧料は一般700円、高・大生450円、小・中学生300円。


 朗読会は3月7日(土)にも予定されている。


 問い合わせ/北海道立文学館【TEL】511―7655。


SDHC 16GB

トラックバックURL:

« キタラ&札幌音楽家協議会プロジェクト「札幌の音楽(おと)Ⅱ」 | TOP | 劇団「川」札幌公演「凍原の風~江別創世秘話~」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート