2015年09月25日号

映画「NORIN TEN」

仲代達矢主演…世界の小麦を育てた日本人の物語 9月26日~10月9日まで

 1960年代、世界の食糧危機が起こった時、インドやパキスタンの人々を飢えから救った小麦があった。その小麦の基となったのは「NORIN TEN」(小麦農林10号)と呼ばれた、日本人が育種した小麦だった……。現在、世界に流通している小麦の基を作った日本人育種家・稲塚権次郎の生涯を描いた、映画「NORIN TEN(ノーリン・テン)~稲塚権次郎物語」が9月26日(土)~10月9日(金)までの2週間限定(予定)で、イオンシネマ江別(イオン江別店4階、旧ワーナー・マイカル・シネマズ江別)で上映される。チケットは、一般1700円、高大学生1500円、小中学生1000円。江別市民活動センター・あい(野幌町10、イオンタウン江別2階)、ファームレストラン食祭、ノースライブコーヒーほかでは前売り券を扱っている。


 ――明治末期、貧しい農家の長男に生まれた稲塚権次郎は、農学校卒業後、農家の跡取りとして農作業に勤しむが、親戚の応援を受けて、東京で育種家の道を歩む……。仲代達矢主演、稲塚秀孝監督、2015年・110分。


 初日に舞台挨拶も 初日の9月26日の昼12時30分の回上映後と午後3時20分の回の上映前に、稲塚監督と、妻・イトを演じた野村真美さんが登壇し、舞台挨拶が行われる。監督の稲塚秀孝さんは、稲塚権次郎の遠縁(従兄弟の孫)にあたるという。


 問い合わせ/イオンシネマ江別【TEL】381―3866(音声自動ダイヤル)。


除毛 スプレー

トラックバックURL:

« 第52回石狩さけまつり | TOP | さとらんど「たまねぎフェスタ」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート