2015年10月09日号

入れ歯が合わない人へ


 高齢者社会に突入してきました。健康寿命も長くなってきた現在、総入れ歯になって久しい方も増えてきたかと思います。意外なのは、どんなに入れ歯が痛くても我慢して使い続ける人がとても多いということです。入れ歯を作った時にいくら調整しても治らないので、こんなものかとあきらめて義歯安定剤に頼る人も多いようです。


 安定剤は、適合した入れ歯に使う時には、とてもよい効果をもたらしてくれますが、合わない入れ歯に使うと、かえって土台となる顎の骨がやせていくので、顔の形も老人様顔貌となりやすく、入れ歯もますます合わなくなってきます。


 いくら作っても、入れ歯が割れたり、ひびが入る人、調整をしてもしても痛みがある人は、ほとんどの場合、噛む位置がかたよっていて、その人本来の噛み合わせの位置でないことが多いようです。いくら高いお金を出して作ってもらっても、間違った位置で作ると入れ歯は合わないのです。痛いところを削るだけでは治りません。


 その噛み合わせの正しい位置は、義歯に精通した歯科医なら感覚だけで分かる場合もあるのですが、それでも器械を使って確認したほうが良いとされています。


 総入れ歯は噛み合わせさえ正しい位置であれば、上の入れ歯はたいてい吸い付いていますが、下の入れ歯に関しては、その人の顎の形や、筋肉、粘膜の状態、唾液の出方、噛む力、噛み癖などで、吸い付き方に違いがでてきます。


 吸い付いた入れ歯でなくても、痛みさえなければ噛み方を工夫することによって、噛むのが楽になっていくことが多いのであきらめずに、もう一度歯科医のところで診なおしてもらいましょう。


 森林公園歯科医院 原田江里子医師


 森林公園歯科医院/厚別区厚別北2条5丁目1―12【TEL】891―2022。


おもちゃ・ホビー・ゲーム

トラックバックURL:

« 言葉の宝物 | TOP | オルソケラトロジー »

[PR]SEO対策済みテンプレート