2016年03月25日号

今年の桜は…?


 去年も早かったけれど、今年も雪どけは急ピッチ。気象台によると去年の3月18日の札幌の積雪は32cmだったが、今年もほぼ同じ31cm。去年、札幌で積雪ゼロになったのは平年より8日も早い3月26日だったから、天候次第では今年はそれより早く、この新聞が配達される頃にはもう積雪ゼロ宣言が出されているかも知れない。おととしまでの感覚だと、根雪がなくなるのは4月10日前後だったと思うから、雪どけのペースは半月以上早い気がする。地球温暖化のせいなのかどうかはわからないけれど、去年も今年も春は駆け足だ。


 …で、気になるのはネコヤナギやふきのとうなど、木の芽草の芽、山菜の出方。そして、ミズバショウや桜の花。ふきのとうは3月半ばにはもう顔を出し始めたというから、そこいら辺の土手で摘むことができそうだし、川の端なんかではネコヤナギの猫のしっぽのような銀白色の芽(花穂)もふっくら膨らんできている。春の野に出た時に申し訳ないけど一枝頂戴して、一輪挿しにしてみたいと考えている。雪がとければ、待っていたかのようにつくしが背伸びしそうだし、いろいろな野草の芽吹きが楽しめそう。ギョウジャニンニクを手始めに山菜の季節も早そうだから、うずうずしている人も多いのではないか。


 問題は桜の花…。あまりにも早い春到来に、去年は桜前線の予報も二転三転して、札幌周辺でも結局最終的には開花予想日より1週間以上も早い4月22日に開花した。いつもの年と花の咲く時期が大幅にズレたこの番狂わせに、各地の花見のイベントはすっかり当てが外れた格好になってしまったのだが、今年もヒヤヒヤもの。春、南へ渡るウソという渡り鳥がまだいるうちにソメイヨシノの花芽が膨らんでしまって、みんな食べられて台無しになったという桜の名所もあった。


 3月半ばに発表された日本気象協会などの、札幌の桜の開花予想日は4月30日とか5月2日ころ。満開予想日は5月4日・5日ころ。早い春、今年はどうなるんだろうか…。


エコポイント対象 冷蔵庫

トラックバックURL:

« データの怖さ | TOP | 緑内障の治し方? »

[PR]SEO対策済みテンプレート