2016年10月07日号

紅葉と名水の日帰りマップ


 秋真っ盛り。10月8日は二十四節気の「寒露(かんろ)」で《秋が深まり、野草に冷たい露が結ぶ季節。収穫の時を迎え、山野は紅葉し、朝晩の寒気も徐々に厳しくなる》…もう晩秋の気配が濃い高く晴れ上がる秋の空の下で、赤や黄の錦の模様に染まる山や森の紅葉は、この季節ならではの美しさ。お近くの紅葉スポットと、札幌近郊の紅葉&名水ドライブコース、紅葉イベントなどをピックアップしてみた……ぶらりと出かけてみませんか?


江別


 例年、湯川公園や泉の沼公園、千古園、そして野幌森林公園など市内の公園・緑地で紅葉が楽しめる。


厚別


 ◆北海道開拓の村(小野幌50―1)


 10月上旬から11月上旬まで、エゾヤマザクラやナナカマド、カエデ、ハルニレなどの紅葉が楽しめるという。


 【紅葉のむら・宵のたてものライトアップ】=10月8日(土)~9日(日)16時30分~19時30分(入場は18時45分まで)。500円(中学生以下と65歳以上は無料)。通常営業時間内からの入場も可能で、その場合は通常の入村料のみ必要。無料シャトルバスが新札幌バスターミナル(北レーン)とJR森林公園駅から運行=


 紅葉が始まりつつある秋の夜に、村内の市街地通りに灯の柱が並んだり、建物の外観を素朴な灯りでライトアップされるなど、普段とは一味違う風景を紅葉とともに楽しむことができる、開拓の村食堂では特別メニューが登場するほか、村内ではさまざまなイベントが開催される(別掲)。


 問/北海道開拓の村【TEL】898―2692。

平岡


 ◆平岡公園


 10月中旬頃が見頃になるとのこと。早いものではツタウルシや、ヤマウルシ、ヌルデなどウルシ類が真っ赤に色づくという。その後にハウチワカエデやヤマモミジ、ナナカマドが赤く、シラカバやイタヤカエデが黄色に色づく。梅林の梅が紅葉のピークを迎える頃にはシラカバも色づきはじめ、園内は紅葉の色合いできれいになるという。


 【平岡公園ツリーウォッチング~秋の実りと紅葉を楽しむ~】=10月19日(水)10時~12時、同公園第1駐車場(厚別中央通り沿い)集合・解散。100円(保険料含む)。直接会場へ(小雨決行)。小学3年生以下の子供は保護者と一緒に参加して。


 問/平岡公園管理事務所【TEL】881―7924。


 ◆平岡樹芸センター(みどりーむ/平岡4条3丁目)


 紅葉時期に合わせ、臨時開園日が設けられたり、開園期間が延長する。通常営業時間は8時45分~17時15分。平日の月曜休園(月曜日が祝日の場合は火曜日が休園)。臨時開園日は10月24日(月)と10月31日(月)。開園延長期間は11月4日(金)~6日(日)。


 園内各所にあるヤマモミジやノムラカエデ、シダレモミジなどの紅葉が楽しめる。昨年の改修工事で駐車場からノムラカエデの並木までまっすぐに行けるようになったという。


 問/平岡樹芸センター【TEL】883―2891。

札幌市内


 ◆百合が原公園(北区百合が原公園210)


 10月中旬頃が見頃となりそう。園内の「世界の庭園」が11月3日(木・祝)まで無料開放されており、日本庭園ではモミジやナツツバキなどの紅葉が楽しめるほか、ツタの葉やニシキギ、シラカバの紅葉も見ることができる。


 【百合が原紅葉祭り~北区秋の食~】=10月15日(土)10時~15時、同公園リリートレイン駅舎=紅葉が見頃となる園内で、地元野菜の販売や、小松菜を使った蒸しパンの試食(12時開催/先着200食)、亜麻そば(乾麺)、パン、コーヒーが販売される。縁日コーナー(1回100円)や、スタンプを集めると野菜がもらえるスタンプラリー(先着300人)なども。


 問/百合が原公園管理事務所【TEL】772―4722。


 ◆滝野すずらん公園(南区滝野247)


 滝野の森ゾーン西エリアではツタウルシが色づき始めているという。これからは、ふわふわとした植物「コキア」も真っ赤に色づくとのこと。紅葉以外にも園内ではダリアが見頃を迎え、約150種類のダリアが10月の下旬頃まで楽しめるという。


 【紅葉まつり】=10月8日(土)~11月3日(木・祝)9時~17時。入園料は大人410円、小中学生80円、65歳以上210円、小学生未満無料=園内各所の紅葉が楽しめるほか、さまざまな関連イベントが開催される。


 ▽チューリップを植えよう=10月8日(土)~9日(日)13時30分~15時、カントリーガーデンリフト山頂付近。無料。直接会場へ(各日定員45組)。来春、園内を彩るチューリップの球根を植える。


 ▽滝野満喫ノルディックウォーキングツアー「滝野の森1周ツアー」=10月15日(土)10時~15時。100円。ポールの無料レンタルあり。事前に滝野管理センター(【TEL】594―2222)に電話で申し込みを(定員30人/当日空きがある場合は当日参加も可)。当日の集合場所は森の情報館。中級者向けコースで約10km歩く。


 問/滝野公園案内所【TEL】592―3333。


 ◆定山渓


 今年の紅葉はほぼ例年通りで、10月中旬頃が見頃だそう。おすすめの見所は「二見吊橋」(南区定山渓温泉西4丁目/湯の花裏手)で、赤い橋からは「二見岩」「かっぱ淵」などが眺められる。また、紅葉スポットを巡るバスなども運行している。


 ▽「紅葉かっぱバス」=10月21日(金)まで1日4便運行。500円。各日9時から定山渓観光案内所にて受付(各先着45人/予約不可)。定山渓の紅葉の見所のほか、アイヌ文化交流センターや砥山の農家直売所などを巡る。また、13時15分発の第3便にあわせて、紅葉を眺めながら定山渓ダム周辺の自然を満喫できる「第9回定山渓ダム小樽内発電所見学会」が10月13日(木)と19日(水)に行われる(各日先着45名/予約不可)。当日バスの受付といっしょに申し込みを。


 ▽「紅葉ゴンドラ」=10月10日(月・祝)まで、9時30分~15時30分(上り乗車最終15時)、札幌国際スキー場(南区定山渓937)で運行(荒天中止)。大人1100円、小学生550円(各往復/未就学児無料)。ダイナミックな七色の紅葉が見ることができ、晴れた日には石狩湾や石狩平野、小樽市街地などが一望できるという。


 また、定山渓観光案内所からスキー場まで向かう「紅葉ゴンドラシャトルバス」も1日3便運行されており、バスの往復券とゴンドラの往復券がセットになったお得なチケットもあるという。こちらも各日9時から観光案内所で受付(各先着45人/予約不可)。


 問/定山渓観光協会【TEL】598―2012。「紅葉ゴンドラ」…札幌国際スキー場【TEL】598―4511。


 ◆豊平峡


 定山渓のさらに奥に位置する豊平峡ダムも10月の中旬頃には見頃を迎えそうだという。


 定山渓温泉街から豊平峡温泉、ダムの駐車場までをハイブリッド電気バスで運行する「豊平峡シャトルバス」が1日5便運航する。料金400円(往復)で各日9時から定山渓観光案内所で受付(各先着45人/予約不可)。


 問/豊平峡電気自動車【TEL】598―3452。


 「豊平峡シャトルバス」…定山渓観光協会【TEL】598―2012。


ICレコーダー サンヨー

トラックバックURL:

« 「体育の日」の施設無料開放 | TOP

[PR]SEO対策済みテンプレート