2016年11月18日号

ドライアイ~症状編~


□目が疲れやすい
□目が重たい感じがする
□物がかすんで見える
□理由もなく涙が出る
□目がかゆい^t
□目がゴロゴロする
□目が痛い
□光をまぶしく感じる
□目が赤くなりやすい
□目に不快感がある
□目が乾いた感じがする
□目やにがでる


 チェック項目が5つ以上ならドライアイの可能性があります。


 ドライアイは、涙の量が減ったり、涙の質のバランスが崩れることによって涙が乾き、目の表面に傷が生じる病気です。


 現代の私たちを取り巻く環境は、ドライアイになりやすいといわれています。


 ○パソコンやスマートフォンの使用 集中して画面をみますので、まばたきの回数が普段の約3分の1に減るといわれます。パソコンを使用していない人に比べて約2倍ドライアイになりやすいといわれています。


 ○コンタクトレンズ使用 レンズ上の涙が少なく涙の状態が不安定になります。ソフトコンタクトレンズの場合はレンズの下の涙までがレンズを通して蒸発してしまいます。コンタクトレンズを使用していない人に比べて約4倍ドライアイになりやすいといわれています。


 ○エアコンの使用 涙の蒸発が増えます。


 ○高齢化 加齢により、涙を分泌する能力が低下することが多いようです。


 このような環境要因もあってか、ドライアイの患者数も増えてきており、その数は約800~2200万人ともいわれています。


 特に秋から冬にかけて他の季節と比べ、空気が乾燥します。肌のかさつきが気になるように、目も乾燥している可能性があります。


 ドライアイは進行すると日常生活に支障をきたすこともあります。初期症状はとても曖昧で、自分で気づきにくいのが難点です。上記のチェック項目が当てはまる方は、一度、眼科医に相談してみましょう。



 江別こばやし眼科 小林 和夫 院長
 江別こばやし眼科/江別市元町27―3【TEL】380―1010。


男性用浴衣

トラックバックURL:

« 就職希望の青年…あれから10年 | TOP

[PR]SEO対策済みテンプレート