2016年12月02日号

軟かい素材で入れ歯の裏打ち


 高齢者社会になってきました。入れ歯も総義歯の方々が増えつつあります。


 ほとんどの方は、固いプラスチックや金属の入れ歯でも、何度かの調整の後に満足して使えるようになるのですが、極端に顎の骨がすり減った方や、高齢者で顎の表面が凸凹していて、指で押しただけでも痛いという方は、適合する入れ歯を作ったとしても、なかなか痛みから解放されません。


 今までは、そのような方に、軟かい素材のものを裏打ちしていたのですが、保険がきくものはすぐに剥がれたり、細菌が繁殖しやすかったりして、短期間で裏打ちし直ししなければなりませんでした。


 そんな辛い思いをしている方に、朗報なのは、今年の春から、下顎の総義歯だけに限られますが、保険で、比較的耐久性のある軟かい材料で裏打ちすることが出来るようになりました。以前は、軟かいものは顎の骨が吸収するからダメだと言われていましたが、最近の調査では、歯科医師の管理下で行うものは大丈夫だということが分かってきました。


 ですが、いくらよい材料が出たとはいえ、もともと合っていない入れ歯には、効果はありません。又、現在ある程度満足している入れ歯に、より快適さをもとめて裏打ちするものでもありません。従来の固いものより耐久性は劣る上、よごれやすいというのが欠点です。


 裏打ちではなく、全体が軟かい入れ歯はどうかとよく聞かれますが、総義歯に関してはお勧め出来ません。最初は快適でも、大事な噛み合わせが従来のものと比べ、狂い安く、早々に噛みにくくなっていきます。


 森林公園歯科医院 原田江里子 歯科医師(補綴専門医)
 森林公園歯科医院/厚別区厚別北2条5丁目1―12【TEL】891―2022。


microSDHC 32GB

トラックバックURL:

« 茅葺き囲炉裏の思い出 | TOP

[PR]SEO対策済みテンプレート