2017年02月10日号

雪ミク2017×プラネタリウム

札幌市青少年科学館で特別プログラム上映中 2月26日まで

 札幌市青少年科学館(サンピアザ隣り)では、初音ミクの映像を楽しめる特別プログラム「今日の星空~SNOW MIKU2017特別バージョン~」を2月26日(日)までの午後3時15分~4時15分(5回目の入場回)、同館プラネタリウムで上映中。入場料は高校生以上500円。中学生以下無料。月曜休館。


 プログラムの内容は、初音ミクのプラネタリウム用の全天映像「スカイライトシアターfeat.(フューチャリング)初音ミク」の映像コンテンツの一つ「Light Song(ライトソング)」(5分間)が上映され、星空解説と今月のテーマ解説(オーロラ)が行われる。


 「雪ミク」は、歌詞とメロディーを入力して誰でも歌を歌わせることができるソフトウェア「初音ミク」の、冬の北海道を応援するバージョン。2010年のさっぽろ雪まつりで真っ白い初音ミクの雪像が作られたことをきっかけに誕生した。それ以来「雪ミク」が主役のフェスティバル「SNOW MIKU」が毎年北海道で開催されている。


 問い合わせ/札幌市青少年科学館【TEL】892―5001。


GReeeeN CD

トラックバックURL:

« 企画展示・北海道遺跡百選9「縄文人と手形・足形」 | TOP | 蝦夷吹奏楽団「第10回コンサート」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート