2017年03月24日号

「民間月面探査HAKUTOの挑戦」

宇宙セミナー…月面探査車「SORATO」の実機展示も 3月25日、青少年科学館

 月面ロボット探査を競う、民間組織による世界初の国際月面探査レースに、日本から唯一挑戦・参加している民間月面探査チーム「HAKUTO(ハクト)」のメンバーが、月面探査レースや今後の取り組みなどについて紹介する、宇宙セミナー「民間月面探査HAKUTOの挑戦」が3月25日(土)午後2時~3時、札幌市青少年科学館3階サイエンスホール(サンピアザ隣り)で行われる。科学館入館料のみで参加できる(高校生以上700円、中学生以下無料)。当日午後1時30分から整理券を配布する(先着120人)。


 講師は「HAKUTO」メンバーの秋元衆平さん。講演後は質疑応答を受けるほか、日本から初めて月に送る無人月面探査車(ローバー)「SORATO(ソラト)」の実機展示も行われる(展示は閉館時間まで)。


 この国際月面探査レース「Google Lunar X PRIZE(グーグル・ルナ・エックスプライズ)」は、民間宇宙開発の発展を目指して行われ①2017年内にロケットを打ち上げ②月面に無人の小型探査車を送り、月面を500m以上走行③探査車に取り付けたカメラで静止画を撮影し地球に送信する――というミッションを最初にクリアしたチームが優勝する。グーグルがスポンサーとなり、XPRIZE(エックスプライズ)財団が運営。優勝したチームには2000万ドル(1ドル=100円換算で20億円)の賞金が贈られるという。


 問い合わせ/青少年科学館天文係【TEL】892―5004。


コブクロ CD

トラックバックURL:

« 講演会「長時間労働と過労死」 | TOP | 第331回そらのコンサート「北欧の風景に寄せて」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート