2017年04月07日号

松浦武四郎の碑に刻まれたアイヌ民族

学院大・杉山四郎教授の講演 4月22日、紀伊國屋札幌本店

 「新版 武四郎碑(ひ)に刻まれたアイヌ民族~民族の復権をめざして~」(中西出版刊、1296円)を今年1月に出版した札幌学院大学・杉山四郎教授の出版記念講演会「北海道の名付け親、松浦武四郎の碑に刻まれたアイヌ民族を語る」が4月22日(土)午後2時~3時30分、紀伊國屋書店札幌本店・1階インナーガーデン(北5西5、大丸札幌店西向かい)で開催される。入場無料。当日直接会場へ。


 2018(平成30)年は「北海道」と命名されてから150年目の節目。この「北海道の名付け親」といわれている松浦武四郎は、6度にわたり蝦夷地の探査を行い、当時の実情を今に伝える詳細な記録を残した。杉山教授はその足跡を追うように建てられた碑を求め、道内各地とサハリンへ赴き、碑や碑文全文を記録。そこには、調査を支えたアイヌ民族の人々の姿があったという。武四郎の碑とアイヌ民族について語る…。


 問い合わせ/紀伊國屋書店札幌本店【TEL】231―2131。


インテリア・寝具・収納

トラックバックURL:

« 母の日プリザーブドフラワー講習会 | TOP | 岩本勉さんのトーク&サイン会 »

[PR]SEO対策済みテンプレート