2017年04月14日号

人形浄瑠璃の楽しさ体感「文楽セミナー」

教育文化会館開館40周年記念 5月5日、教育文化会館

 太棹の三味線にのせ義太夫で語る浄瑠璃、そして人形…3つが合体して誕生した人形浄瑠璃の味わい深い楽しさを体感してみませんか?――札幌市教育文化会館開館40周年記念「文楽セミナー~わかれば もっとおもしろい 文楽の世界~」が5月5日(金・祝)午後2時から、札幌市教育文化会館小ホール(北1西13、地下鉄西11丁目駅1番出口5分)で開催される。入場料は全席自由3000円(22歳以下限定U―22席1500円)。


 プログラムは▽[第一部]吉田和生の文楽舞台裏話~三業(太夫・三味線・人形)と文楽舞台裏話~▽[第二部]上演「傾城阿波の鳴門」より巡礼歌の段――。


 問い合わせ/札幌市教育文化会館事業課【TEL】271―5822。


のだめ CD

トラックバックURL:

« お花見ノルディックウォーキング | TOP | 特別展「ふみくらの奥をのぞけば」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート