2017年04月14日号

診療ガイドライン、リハビリ…

道脊柱靱帯骨化症友の会の医療講演会 4月22日、北海道難病C

 難病連加盟団体「北海道脊柱靱帯骨化症(せきちゅうじんたいこつかしょう)友の会」が主催する医療講演会が4月22日(土)午後1時~4時30分、北海道難病センター3階大会議室(南4西10)で行われる。参加費500円。直接会場へ。


 脊柱靱帯骨化症は、背骨の中を縦に走る靭帯が骨になって神経を圧迫し、感覚障害や運動障害を引き起こす病気。講演は①「治療を受ける上での手引きとしての靱帯骨化症診療ガイドライン」=講師は北海道大学大学院医学研究科整形外科学分野講師の高畑雅彦さん②「ゲノムから靱帯骨化症へ…頚椎後縦靱帯骨化症の原因遺伝子、RSPO2の発見」=講師は理化学研究所統合生命医科学研究センター骨関節疾患研究チームリーダー・池川志郎さん③「脊柱靭帯骨化症のリハビリ」=講師は札幌医科大学附属病院リハビリテーション部理学療法士の安田圭佑さん――。


 問い合わせ/北海道難病連【TEL】512―3233。


水着 花火 セット

トラックバックURL:

« エルプラザで「広島被爆体験談」 | TOP | 観察会「エゾアカガエルの合唱を聞こう」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート