2017年04月21日号

NHKスペシャル「シリーズ激震“トランプ時代”第1集『トランプ 分断の深層~“アメリカ第一主義”の衝撃~』」(仮)


 NHK総合テレビ4月22日(土)21時~21時49分=


 「アメリカ第一主義」を掲げて就任したドナルド・トランプ大統領。中東アフリカ6ヵ国からの入国拒否や、メキシコとの国境沿いに壁の建設を命じるなどの大統領令に、次々と署名。アメリカ国内では分断と対立が加速している。


 白人至上主義が勢いを増す一方で、これまでアメリカ経済を支える労働力となってきた不法移民は、政策の見直しで国外追放されるのではと懸念。多くの移民を抱える自治体や大学の中には、アメリカの自由や平等の価値観を守ろうと、政権との対立姿勢を鮮明にする動きも出てきた。


 一方、“トランプ相場”にわくウォール街は、新政権によって金融への規制が緩和されることを期待。巨額のマネーが、うごめき始めている。トランプ政権は、これからどういった政策を打ち出すのか。それはアメリカに、そして世界に何をもたらすのか。


 今年4月、トランプ大統領が示した「100日の行動プラン」の成否が問われる節目に、関係者のインタビューや最前線のルポから展望する。


生キャラメル

トラックバックURL:

« 土曜プレミアム「ドラマ・ミステリーズ~カリスマ書店員が選んだ珠玉の一冊~」 | TOP | 「サタデーステーション《新》」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート