2017年08月11日号

酪農学園大生がグランドホテルでトマト販売

消費者ニーズをつかんで、接客マナー学ぶ販売実習 8月12日・13日、東館1階

 札幌グランドホテルと連携協定を結んでいる酪農学園大学は、学内で栽培したトマトを学生が札幌グランドホテルで販売する実習を行う。格式あるホテルでの販売を通じて、消費者ニーズを把握し栽培や加工調理などの研究にフィードバックするとともに、接客マナーも学ぶ機会にしたい考えという。トマトの販売実習は8月12日(土)・13日(日)の2日間午前11時~午後2時の3時間ずつ、札幌グランドホテル東館1階「ザ・ベーカリー&ペイストリー」前特設会場(北1西4)で行われる。


 販売するトマトの品種は、「オレンジキャロル」「CFトスカーナバイオレット」「アイコ」「CFプチぷよ」「みどりちゃん」「ロッソナポリタン」など、色や形、食味にさまざまな特徴のあるミニトマト。100円(単品100g)と200円(品種ミックス200g)のパック詰めを、2日間で150~200パック用意するという。数量が少なめのためお早目に…。


 問い合わせ/酪農学園大農食環境学群循環農学類・園田教授【TEL】388―4793。


長渕剛 CD

トラックバックURL:

« ファイターズマスコットB・Bがやってくる! | TOP

[PR]SEO対策済みテンプレート