2017年10月27日号

新千歳空港国際アニメーション映画祭

世界中のアニメ大集合、人気アニメ映画の上映も 11月2日~5日、新千歳空港

 世界中のアニメーション作品が一堂に集結した「第4回新千歳空港国際アニメーション映画祭」が11月2日(木)~5日(日)、同空港ターミナルビル(ソラシネマちとせ、センタープラザほか)で開催される。チケットは全期間パスポート=期間中のすべての作品を見られる=前売2500円(当日3000円)、1デイパスポート=期間中11月2日を除くいずれかの1日の作品がすべて見られる=前売1500円(当日2000円)、1プログラム券=期間中1つの作品が見られる=1000円(当日券のみ)。


 国内外から作品を募集する「短編アニメーションコンペティションでは、過去最大となる85の国と地域から2037作品の応募があり、そのうち44作品が「インターナショナルコンペティション部門」、13作品が「日本コンペティション部門」で上映される。招待プログラムでは、米国アニメーションスタジオLAIKA(ライカ)の最新長編「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」の先行上映や湯浅政明監督の話題作「夜明け告げるルーのうた」、山田尚子監督「聲の形」を作曲を担当した牛尾憲輔氏の生演奏で楽しむ劇伴ライブ、などが行われる。


 問い合わせ/(同実行委㈱えんれいしゃ)【TEL】206―1280。


クールジェル

トラックバックURL:

« 弁護士会の「チカホクイック相談会」 | TOP

[PR]SEO対策済みテンプレート