2017年11月03日号

デンキウナギのクリスマスツリー

サンピアザ水族館で公開中 12月25日まで公開中

 サンピアザ水族館(サンピアザ隣り)では、毎年恒例の「デンキウナギのクリスマスツリー」を12月25日(月)まで展示中。
 デンキウナギはアマゾンに生息する世界最大の発電魚で、獲物を見つけた時に最高で850ボルトの電流を発して、感電して動けなくなった獲物を食べるという。


 公開中のクリスマスツリーは、デンキウナギが発電するとセンサーで信号を受け、水槽内のツリーのイルミネーションが光る仕組みで、ウナギはスイッチの役割を果たしている。期間中の発電実験は、毎日①午前10時30分②昼12時30分③午後2時30分④4時30分――の1日4回。


 問い合わせ/サンピアザ水族館【TEL】890―2455。


SDHC 16GB

トラックバックURL:

« 平成29年度「介護・看護就職デイ」 | TOP | 「まんまるふくろうパンチョコ味」が登場 »

[PR]SEO対策済みテンプレート