2017年11月03日号

コメディー映画の傑作「或る夜の出来事」

クラーク・ゲーブル主演 11月14日、もみじ台管理C

 1934年アカデミー賞主要5部門(作品・監督・主演男優・主演女優・脚色賞)を独占したコメディー映画の傑作で、主演のクラーク・ゲーブルを一躍有名にした「或る夜の出来事」(フランク・キャプラ監督、1934年アメリカ映画、白黒・105分、日本語吹き替え版)を上映するシネマサロンなないろが、11月14日(火)午後1時~4時、もみじ台管理センター・大ホール(厚別区もみじ台北7丁目、ホクノースーパー隣接)で行われる。参加300円。定員は申し込み先着50人。


 ――ニューヨーク行きのバスで出会った大金持ちの一人娘エリーと、失業中の新聞記者ピーターの恋の行方を描く恋愛コメディー映画。二転三転するストーリーの面白さと次から次へと打ち出されるユーモア…スクリューボール・コメディー(展開の速い洗練された喜劇)の傑作とされている“古き良き時代”の映画。出演…クラーク・ゲーブル。クローデット・コルベールほか。


 申し込み・問い合わせ/もみじ台管理センター【TEL】897―7431。


バーベキュー セット

トラックバックURL:

« 模擬調停と解説「熟年夫婦の離婚」 | TOP | 「今、あなたが未来を輝かせるために」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート