2017年11月10日号

星空解説+「おかしなお菓子なあまのがわ」

青少年科学館で11月10日・11日「字幕つきプラネ」実施 18日は、イブニングプラネ

 音が聞こえにくい方はもちろん、文字で確認して星の名前を覚えたいという人におすすめ……札幌市青少年科学館で、普段のプラネタリウムに字幕がつく「字幕つきプラネタリウム」が11月10日(金)・11日(土)午後2時~3時、同科学館・1階プラネタリウム(サンピアザ隣り)で実施される。料金は500円(中学生以下無料)。定員は各回200人(先着順)。当日直接会場へ。


 上映番組は星空解説(35分)+番組「おかしなお菓子なあまのがわ」(15分)。


 【イブニングプラネタリウム&天体観望会】11月18日(土)午後6時~7時、プラネタリウム夜間上映(午後5時30分再開館、プラネタリウム入場開始)。対象は15歳以上(中学生不可)で、料金500円。定員200人(先着)。


 上映プログラムは、その日に見える星空解説(30分)と、プラネタリウム番組「銀河鉄道の夜」(30分)。


 イブニングプラネ終了後、同科学館正面玄関前で、口径10cmの望遠鏡で、星や惑星をみる天体観望会も行われる。参加無料。当日直接会場へ(※天候により中止となる場合があり、不安がある場合は当日、実施時間の1時間前より科学館天文係まで問い合わせを)。


 問い合わせ/札幌市青少年科学館天文係【TEL】892―5004。


microSDHC 16GB

トラックバックURL:

« 「未来を守る居場所づくり」 | TOP | 「ほめる、しかる」テーマに2会場で »

[PR]SEO対策済みテンプレート