2017年12月15日号

ファミリー文学館「絵本の動物園へようこそ」

北海道立文学館の特別展示 1月21日まで展示中

 ゾウやゴリラ、ライオン、キリン、シロクマ…絵本の中のどうぶつたちが大集合!北海道立文学館の特別展示、ファミリー文学館「絵本の動物園へようこそ」が来年1月21日(日)まで、同館特別展示室(中島公園内)で開催されている。観覧無料。


 会場では、あべ弘士さんと堀川真さん(ともに絵本作家)が描くどうぶつたちがお出迎え。迫力あるあべ弘士さんの原画や手島圭三郎さん(版画家)の版画展示を楽しめるほか、ネコ、イヌ、サル、オオカミなど、動物絵本がいっぱいのコーナーも。親子手作りコーナーでは紙工作でゆらゆら揺れる“ゆらゆらアニマル”を作ることができる。


 関連イベントは…


 ◆どうぶつ絵本読み聞かせ=①12月24日(日)②1月21日(日)、いずれも11時~11時20分、各当日先着10人。


 ◆ワークショップ「パタパタアニマルをつくろう」=1月11日(木)10時30分~12時。講師は堀川真さん。定員先着15組。12月23日(土・祝)から電話で申し込み受付開始。


 ◆講演会「あべさんに教えてもらおう、動物のこと」=1月14日(日)14時~15時30分。講師はあべ弘士さん、明楽(あけら)みゆきさん(ピアノ奏者)。小学生以上対象(小学生は保護者と一緒に参加)で定員先着80人。12月20日(水)から電話で申し込み受付開始。


 問い合わせ・申し込み/北海道立文学館【TEL】511―7655。


ポルノグラフィティ CD

トラックバックURL:

« 「坂本龍馬の妻・お龍の生涯」ほか | TOP | 食のブランド化から道産食材のブランド化へ »

[PR]SEO対策済みテンプレート